当社の底力を発揮してオンリーワンの営業所を目指す

(株)ハマックス
京阪奈営業所 主任 
2016年入社

eo

 学校を卒業後、祖父で2代続く土木工事業の跡取りとして9年間、働いてきました。転機になったのは、消費税が5%から8%に増税なり、世の中の景気が落ち込んだとき、ほかの業界で武者修行するように祖父から勧められたことです。
 とはいっても、土木以外は未知の世界、建設関係なら敷居が低いだろうと、ハローワークでターゲットを絞りました。しかも、天理にある家業と縁のある会社だと何かと気ざわりと思い、県外を2つ目のキーワードに加えました。
 ハローワークから提示された会社のひとつが当社でした。
 特段のこだわりもなく、面接に訪問して初めて、足場の会社と気づく有様。そういえば高所恐怖症だったことを思い出し、二の足を踏みましたが、営業職と聞いて安堵した覚えがあります。
 こんな感じですから、足場の会社といっても建設の業界のひとつ、すぐに仕事がこなせるだろうと甘く考えていました。また、3年ぐらいを目安に家業に戻ろうという腹積もりもありました。
 ところが、入社すると、これまで職人の経験だけでは通用しない営業職の難しさや自らの未熟さを痛感。必死で仕事に向き合いました。たとえば、パソコンのスキルの大切さを先輩に学び、家に帰ってはホコリのかぶったままのノートパソコンを持ち出してキーボードを叩きました。家族からは熱でも出たかといぶかられるほど。
 得意先と信頼関係を維持し、職人さんを含めたチームワークを大切にするために、相手を思いやることの大切さや言葉遣いのイロハ、行動力の大切さなど、人としても多くの成長を実感できるようになりました。未熟だった自分を導いてくれた上司や先輩、周囲の方々には感謝の言葉しかありません。
 仕事にやりがいを感じるようになったのは、自分の向いている方向がチームの目標と実感できるようになったことでしょうか。同じ方向を向き、同じ思いを共有し、同じように行動する姿を発見したときに、組織の一員として共感する力を獲得できたように感じています。
 いつの間にか、入社して6年が経ちました。昨年4月には主任に昇格しました。上司から、営業所全体の動きに気を配りし、後輩を指導する立場であることを期待されています。
 取引先から、ハマックスで良かった、任せて良かったと感謝されると感無量です。足場の施工力では、他社に負けないという自負があります。当社の底力を生かし、指導力を発揮できるような存在になりたいと願っています。

(2022年3月現在)