3人の新しいサービスマンリーダーが誕生しました。

社長と握手する香山新リーダー 社長と握手する西村新リーダー 社長と握手する九鬼新リーダー  人の成長になしに企業は成長しません。
 株式会社ハマックスは、安全で使いやすい足場を提供するサービスを業(なりわい)としていますが、商品の良し悪しを決定するキーマンは施工スタッフであるサービスマンです。
 サービスマンはチームに編成され、作業の進め方や足場の組み方を決めるのはチームリーダーの役割です。 リーダーは、作図力、指導力、現場力などの素養のほか、社会人としての良識を兼ね備える必要があります。 リーダーは、施工現場で会社を代表するからです。
 当社は、サービスマンの育成を事業の根幹と考えています。このため、リーダーとして認められるには、現場審査、人物評価などで一定の条件をクリアする必要があります。 また、厳密な審査の後、最後の難関に社長面接が待っています。
 今年は半年で、3人のサービスマンが新たにリーダーに認められました。

● 2015年3月16日から
香山慶司さん(26歳・大阪営業所/上)
● 2015年4月1日から
西村正直さん(45歳・神姫営業所/中)
● 2015年5月16日から
九鬼涼太さん(27歳・阪和営業所/下)
(写真は、社長面接で、濱中社長と固い握手を交わすリーダー)
 当社の将来を背負っていく新リーダーに、温かい支援と厳しい指導をお願いします。
 なお、当社のサービスマンリーダーは青いヘルメットを着用していますので、現場で容易に見分けることができます。

▲トピックスのページトップに戻る