施主様の気持ちを据え付けという形にする

(株)ハマテック神姫ATCSサービスセンター センター長 速水 義教(49歳)

速水義教 現場は一つとして同じものはありません。 ときには、横幅が2500ミリのユニット住宅を道幅2500ミリに満たない通路を通って据え付け現場に放り込むにはどうしたらいいか?という難問にぶちあたることもあります。 それを、いろいろなパターンの答えを引き出しながら解決の方法を探ります。 隣家の空中を使った家越しのユニット搬入。電動台車の使用やころ引き。ときには、クレーンのために仮設の通路を設置することもあります。
家を建てたいという施主様の気持ちを実現するのが仕事だと考えています。 それだけに、据え付け不可能と思える現場に、家が建った時の感慨はひとしおです。
入社して20年です。クレーンの乗務員や足場(ハマックス)の営業など人一倍、いろいろな経験を積んできました。 いま、センター長という重責を担っていますが、これまでの経験が生きていると思います。
普通のクレーン屋にない強みを生かして、これからはいろんなお客さんと取引の幅を広げていきたいと思います。

(2014年2月)


お客様に育てられたという感謝の気持ちを忘れず、地域に貢献したい

(株)ハマックス 執行役員 エリア統括 田中 成(44歳)

田中所長 平成5年に入社。20年になります。
失敗は数えきれないぐらいありますが、挑戦する気持ちを大切にする会社です。 入社まもないころ、ダイワハウス、パナホーム、トヨタホームなどの大手ハウスメーカーを担当することになりました。 会社の命運を左右しかねない責任の大きさに躊躇しましたが、挑戦し続けることの大切さを教えてもらったおかげでなんとか頑張ることができました。 必死で他社との差別化につとめ、月1棟のお付き合いからシェア100%の受注を得ることができたハウスメーカーもあります。
29歳のとき、所長職を拝命しました。部下には、意欲や能力があれば年齢に関係なく出世できると激励しています。
営業所は一人ひとりが努力を積み重ねることで調和が生まれ、足し算以上の総合力が発揮されます。 たとえば、営業社員が外出先で仕事に打ち込めるのは、事務の女性が必死で不在の営業所を支えていてくれるからです。 互いのサポートがあってはじめて営業所の真価が発揮されます。このため、営業所のチームワークが保たれるようにいつも気を使っています。
大きな事故が起こったときは、所長として責任の重大さを痛感します。また、所員やサービスマンが辞めていったときは、自分自身の力不足に悩みます。
しかし、今の私があるのも、今までかかわった多くの人、なかでもお客様のおかげだと感謝し、その恩返しをしていくつもりで仕事に取り組んでいます。 とくに会社の方針である、地域に貢献し、地域でなくてはならない営業所になることを目標に日々、努力していくつもりです。

(2014年2月)


真心をもってお客様に接し、どんなニーズにもスピード感をもって対応がモットー

(株)ハマックス阪和営業所 所長 古川 友貴(34歳)

お客さんと打合せ中の古川代理 工業系の学校を卒業し、漠然と物づくりへの憧れがありました。 足場は、最後にはなくなるもの。物足りなさを感じることもありましたが、家をつくるのになくてはならないのが足場。 いろんな業種の人がかかわることで、チームワークで物づくりに励むことの大切さを学びました。
お客様には誠心誠意、対応することを心がけています。人のつながりが増え、プライベートでもお誘いを受けることがあります。 元来、人付き合いが好きなので、人脈が広がり、苦手だったゴルフも上達しました。
和を大切に、仕事で地域になくてはならない営業所を目指そうと思っています。

(2014年2月)


物づくりの達成感を感じることのできる仕事です

(株)ハマックス阪和営業所 サービスマン 都竹 昌大(32歳)

都竹昌大 ハマックスで働きはじめて10年になります。
初めは、ハードな仕事にいつまで続けることができるだろうかと迷ったこともあります。 しかし、頑張ったことが報われる仕事で、家族の生活を支えることができるのもハマックスに職を得ることができたおかげだと感謝するようになりました。
仕事はとても楽しいです。足場を設計することは物を創りだす喜びです。 難度の高い現場が計画した通りに収まったときは満足感があります。足場を使う人に喜んでもらえればなおさらです。
使いやすい足場、安心して作業のできる足場、そういう足場をつくることが理想です。
営業所ではベテランに数えられるようになりました。新しいサービスマンには、あせらず、確実に作業するように指導しています。安全を継続することが何より大切だと感じているからです。
これから、みんなの目標とされるようなサービスマンを目指して頑張っていきたいとおもいます。

(2014年6月)


培った技能を糧に全国に活躍の場を広げたい

(株)ハマテック大阪ATCSサービスセンター 営業技術職 矢掛 泰延(38歳)

矢掛 クレーンのオペレーターとしての仕事のほかに、クレーンを設置する架台を養生したり、電動台車を用いたユニットの搬入などの特殊作業があります。 現場ごとに環境が違うので仕事の進め方も千差万別です。クレーンを動かしているだけと違い、いろんなことを覚えて、現場ごとに工夫していかなければならないので大変です。 でも、それが仕事の面白さにつながっていると思います。
毎日の仕事で心がけているのは、前日に現場の資料を読み込み、準備を怠らないことです。仕事の全体を把握し、どうしたらスムーズにいくか、危険なところはないかをチェックしています。 準備を整えた状態で現場にのぞむことが安全のコツだと思います。
社内も現場も雰囲気はとても明るく、働きやすい環境です。現場のチームワークがないと家は建ちません。そのため、仕事では人とのつながりを大切にしています。 これから、ハマテックの強みである特殊作業を生かして、関西以外にも仕事の範囲を広げていけたらいいなと思っています。

(2014年2月)


最高レベルの技能を目指して

(株)ハマックス大阪営業所 サービスマン 今村 政英(36歳)

今村写真 現場はあいさつから始まります。足場の工事では、騒音や材料の仮置きなどで周囲に迷惑をおかけすることがあります。 どんな人とも良好なコミュニケーションがとれることが、順調に仕事を進めるために必要です。 とくに、リフォームの現場では、「見られている」という意識をたえず持ち、施主様に気持ちよく感じてもらうように心がけています。
足場の面白さは、共通の正解がない、というところでしょうか。現場ごとに、足場の組み方や作業の手順が違います。最適な答えを導く永遠の謎解きをしているようなものです。 組みあがった足場を眺めて「こうすればもっと使いやすくなったのでは」とよく反省します。 思った以上に時間がかかったときは、作業の手順に無駄がなかったかを考えます。正解を導くための試行錯誤は、僕にとって趣味のようなものです。
1年前に、グループのビケ足場施工士1級資格を取得しました。いつまでも最高レベルの技術や現場づくりを目指して頑張っていこうと思います。

(2014年2月)


笑顔のあふれる営業所をつくりたい

(株)ハマックス中部営業所 所長 東 真規(42歳)

東 真規 入社から1年半で所長の職を得ました。それから2年、多忙な中、お客様をはじめ、まわりの期待に応えようと必死で頑張ってきました。
足場は仮設の商品です。建築物が完成したら消えて無くなります。しかし、「たかが足場、されど足場」で、施工する人のこだわりによって、足場の使いやすさや安全性が左右されます。 施工スタッフには、作業する人のことを考えて、手間を惜しまず、こだわりの見える足場を提供するように話しています。
そのためにも、事前の打ち合わせや下見では、できるだけ詳細な情報を施工スタッフに伝えることに心がけています。 リフォームの現場では、建物の図面がない場合があります。以前は、手書きで図面を作成していましたが、分かりやすく、正確な図面をつくろうと、CADを業務の中に取り入れました。
営業していて嬉しいのは「ハマックスの職人さんは、ほかの足場屋さんと違う」と評価してもらえることです。 施工品質だけでなく、あいさつやマナーなどで得られるお客様の満足全体が足場品質だと思っています。
伊賀の片田舎の小さな営業所ですが、若いスタッフが成長していく、笑顔のあふれる営業所をつくることが目標です。

(2015年11月)


品質で妥協しない。それが私の信条です

(株)ハマックス京阪奈営業所 サービスマン 水田(49歳)

水田 ハマックスで働きはじめて23年目です。
この仕事で面白いのは達成感があるところです。とくに品質面のこだわりは人一倍あります。
足場の品質では誰にも負けたくありません。どんな現場でも、完璧な足場をつくることが信条です。それだけに、うっかりミスなどでクレームがあるとショックです。
現場作業を安全に進め、思った通りの足場を組み上げるには、一緒に作業するパートナーとの意思疎通が大切です。そのために、現場に到着したら仕事の手順や考えられる危険か所を話し合うところから始めます。
また、気持ちよく働くために、挨拶から始まるマナーを大切にしています。
指名のとれるサービスマンになる、そしてできれば指名料がもらえること(笑)、それを目標にこれからも頑張ります。

(2016年6月)


働けることに感謝し、職場に感謝し、身体が許す限り額に汗して働きたい

(株)ハマックス京阪奈営業所 ヤードマン 吉村広文(73歳)

うしろ髪に(まげ)を結った姿から、ハマックスのスティーヴン・セガールと言われます。
25年前、人見知りを克服しようと社交ダンスをはじめました。プロのダンサーからインストラクターのお墨付きを得て、今ではダンス教室を主宰するほどの腕前になりました。社交ダンスでもラテン系が好み。ラテンのダンサーらしく髷を結うようになったのが、髪型の由来です。
身体を動かすことが大好きです。
若いときはプロボクサーを目指してライト級の4回戦ボクサーに進んだことがあります。傍ら、ボクシングジムが斡旋した風呂釜の製造会社で働いているとき、銅板でアキレスけんを切断し、世界チャンピオンの夢をあきらめました。
その後、車のマット制作の会社に職を得、配送センターのセンター長として62歳で定年を迎えます。
ハローワークで「ヤードマン募集」の求人を見て、ハマックスに契約社員として職を得ました。働きつづけることができること、働く場所があることに心底、感謝しています。
70歳を超えて、週4日の短時間勤務になりました。休日はスーパー銭湯に行き、入浴のついでに露天風呂で日光浴をして、ラテンダンサーらしく、小麦色の肌をつくっています。金曜日は、トレーニングセンターで体を鍛えるのが日課です。
今の職場は、人間関係が良くて働きやすい環境です。日々の作業内容は、自分自身で組み立てていくので、責任重大な反面、やりがいを感じています。
身体が続く限り、会社が許す限り、天職のように今の仕事を続けたいと思っています。

(2016年12月)


挑戦の気持ちを大切にする職場です

(株)ハマックス京阪奈営業所 総合職 深井 厚志(27歳)

昨年(2016年)7月11日に入社して1年が経ちました。あっという間に駆け抜けた感じですが、同時に仕事の楽しさを実感できた1年でした。
これまでも建設関係の営業職として働いてきましたが、営業とは先達の成功体験を模倣することでした。営業は決められたルーティンに従い足で稼ぐことで、自分の頭で考え、ひねり出すものではありませんでした。
今の職場で初めて、新しいことに挑戦することの喜びを感じることができました。
新規開拓のターゲットを探し、開拓の方策を考え提案すると、上司は肩を押してくれます。挑戦することを受け入れてくれる職場に感謝しています。
転職活動では、建設関係と職住近接をテーマに仕事を探しました。生活に余裕が生まれ、家族との時間を大切にできるようになったのも今の職場のおかげです。
20代の営業職は、私も含めて3人。お互い切磋琢磨しています。ベテランの事務職も含め、互いの意見を率直に話しあえる営業所の環境も素晴らしいと感じています。
これからも新しいことに挑戦し、会社全体に発信できるような営業所づくりに貢献したいと思います。

(2017年9月)

▲ページトップに戻る